学校教育目標

 

進んで学習する子

仲よく助け合う子

明るくじょうぶな子

最後までやりぬく子

 

 

 

川口市立根岸小学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 
本校2年目となりました校長の三好正浩(みよし まさひろ)と申します。どうぞよろしくお願いします。

 

根岸小学校は、昭和47年4月に、神根小学校より分離し、市内33番目の小学校として、旧北中学校の跡地に開校しました。

周囲を緑に囲まれた根岸の丘の上に立つ、静かな自然の環境に恵まれた学校です。春には見事な桜に囲まれ、野鳥のさえずりを聞く中で、毎年新しい学年をスタートさせることができます。

根岸の周辺は昔からの自然を多く残すところで、貴重になった関東タンポポが多くみられ、まれに、野生のタヌキ・外来動物のハクビシンなどの動物を見ることもできます。また、学区の中を芝川と見沼代用水が流れ、自然教育と地域学習の素材も提供してくれています。

さらに、今は見られなくなりましたが、昔はこのあたりの雑木林一帯が「くまがい草」の自生地でした。現在、「くまがい草」は絶滅危惧種にも指定されています。そしてこの「くまがい草」をデザイン化したものが、本校の校章になっています。

 本校では、開校40周年を記念し、地域の方々のご支援のもと、ビオトープの整備や「くまがい草」の花壇の設置など行いました。4月の中・下旬から5月上旬にかけて見頃となります。

 この恵まれた環境の中で、また、家庭や地域のご理解・ご協力をいただいきながら、本校教職員一同、全力で子供達の健全育成に努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

目指す学校像

                       

「笑顔あふれる元気な根岸小」
~ みんなが(自主) みんなで(協働) みんなも(挑戦) みんなのために(貢献) ~

①『笑顔を守る』<安心・安全>
◎「安心・安全」は、子どもたちから笑顔が生まれる大前提としてとらえ、子どもたちの命や心を守る配慮、環境づ くり行います。

②『笑顔を創る』<自立・共助>
子ども一人一人の伸びや、学級・学校という集団の高まりから生まれる笑顔 大切にし、教育活動を推進します。
※「自立」‥「やったあ!」「できた!」と達成感を味わう喜び
※「共助」‥友達同士認め助け合う喜び 一緒につくり上げる喜び

③『笑顔を支える』<居がい・働きがい>
◎教職員も、保護者や地域の方々も、根岸小に愛情と誇りを持ち、 共に子どもたちの笑顔を支えます。